D-Spls! 「D」さん題あり

ディー・スペシャルスの仕事(&遊び)の記録、宣伝等などオフィシャルお気楽ブログです(笑)。

プリロード調整




スバル360のブレーキをメンテナンスするうえで、何かとフロントドラムの取り外しを行いますね。 組みつけの際にハブナットの締め付けトルク管理、いわゆるハブベアリングのプリロード調整が必要になるのですが、みなさまどのようにやられているでしょう?

フロントハブベアリングはテーパーローラーですので、ナットの締め付けによってクリアランスを調整しています。 締めすぎるとベアリング焼付きの可能性がありますし、緩すぎるとガタが出て振動によるナット緩みを誘発しかねません‥どちらもとても危険な状況を引き起こす恐れがあります。

サービスマニュアルによるとドラムボルト(半径110mmの位置)にスプリングバランスをひっかけ、630~910grで回転するように調整する‥などとよくわかんないことが書いてあります。


前置きが長くなりましたが、今回はこれを簡単に行う方法をご紹介。


イメージ 1


フロントドラムをスピンドルに取り付けて、まず一回レンチで強めにナットを締めつけます。これはガタをとるために必要な作業。 それから緩めて、エアバルブ(半径100mm強)に重りをひっかけます。

630~910grというのはグラム換算すると、およそ40.8~58.9g。 私は手持ちの17mmソケットが52gなのでこれを愛用。プライヤーできゅっと締めてホイールを何度か回転させてグリスを馴染ませてから、プリロード調整に入ります。 ソケットが水平位置からぎりぎり降りるかどうか‥のところを狙って。

プライヤーで締めたくらいがおおよそその辺りになります。 ロックワッシャをしっかり曲げた後でもう一度確認。少々はロックワッシャの中で動きますよ。

納得したらハブキャップを付けておしまい。


どうでしょう? みなさんもぜひ手持ちのラチェットソケットから重さの合う物を探してアタックしてみてください。


ご参考になりましたか?