D-Spls! 「D」さん題あり

ディー・スペシャルスの仕事(&遊び)の記録、宣伝等などオフィシャルお気楽ブログです(笑)。

ほぼMAX




サーキットで縁石に乗って30mmくらいクラックが入った、19インチ鍛造アルミホイールの溶接修理依頼です。


「強度が落ちる可能性があるし、また割れるかもしれない」とお客さまに伝えても、「ダメ元でOK、文句言わないからやってみて」。

そう言われちゃうと断れませんな。



イメージ 1


‥とかいいつつ、実は今年導入したTIG溶接機をポテンシャルMAXで使ってみたかったのでちょっとニヤニヤしながらの作業。


イメージ 2


ブレーカー落ちとトーチの熱にビビってパワーを掛けられなかった、以前の単相180A空冷トーチのTIG溶接機と比べて、三相300A水冷トーチ機の溶け込みはやっぱいいわ~

アルミって短期集中で熱を掛けないと、伝導率がいいので熱が散ってなかなか溶けないんですよね。 分厚い大物は特に大変なんです。

300A近く、がっつり電流を掛けるとラクラク溶接できました。



お客さま、余分なビードを削って使ってくださいね~。


それにしても、鍛造19インチ、軽いですね~! うちのZの18インチ純正なんか恐ろしく重いのに‥いいなあー!